スポーツが上手くなる意識と身体の使い方のレッスン 

スポーツ選手の悩み解決サポートします。

こんにちはCOZYアレクサンダー・テクニークのページにお越し下さいましてありがとうございます。

私(高椋浩史:たかむくこうじ)は、アレクサンダー・テクニークという心身教育メソッドを使って、動きづくりのレッスンを行っています。

最初になぜ、私が動き作りのレッスンを行うようになったのかをお話させて下さい。

サッカーをしていた時期

私は大学までサッカーをやっていました。2軍3軍でプレーしていたのですが、どうやったら少しでも上手くなるのかを考えながら練習するのはとても楽しかったです。今考えると的外れのことを結構やっていましたが(笑)

そんな選手生活の中でも、調子のいい時には周りが止まって見えるようにプレーできた瞬間がありました。いわゆるフロー体験というものです。これは何度か経験しました。

一方で、腰痛などに悩まされ、プレーも上手くいかずに何をやっても楽しくない時期も経験しました。

そんな経験から、人はどういう時に上手くプレーできるのか? 上手く行かない時には何が邪魔しているのか?ということに興味を持つようになりました。

この問題意識は、大学時代から始めた少年サッカーの指導に始まり、大学院時代のサッカー部の指導、そして、青年海外協力隊で行ったバングラデシュでのサッカー指導の間、常にあり続けました。

バングラデシュでの経験

バングラデシュでは青少年達にサッカーを教えていたのですが、日本で見てきた選手達とは明らかに身のこなしが違う選手達がいました。

サッカー自体のレベルはお世辞にも高いとはいえないのですが、彼らが時折見せるしなやかな身のこなしには何度も驚かされました。

バングラデシュに行く前に、昔の日本人のカラダの使い方は素晴らしかったという本を読みあさっていたので、街で見かける肉体労働をしている人達をみて、昔の日本人もこんな感じだったんだろうなと実感させられました。

アレクサンダー・テクニークとの出会い

バングラデシュから帰国後、サッカーコーチとしてやっていく自信がなかったので、何か学んで武器を作らなくてはと焦っていました。

 いろいろ考えた中で、英語が出来なくて悔しい思いをしたこと、そして、本場のサッカーに触れてみたかったことなどからイングランドにサッカーコーチのライセンスを取りに行く事にしました。

そして、渡英。

ロンドンではライセンスコース参加までの間、午前に英会話学校に通い、午後は現地のサッカーチームの見学をして過ごしました。

そんな中、掲示板でふと見た「アレクサンダー・テクニーク」の文字が心に引っかかりました。

何となく気になっていたのですが、しばらくして、買い物に行った先で再度チラシを見つけ、レッスンに行ってみることにしました。

最初のレッスン

  近所でレッスンをしていた日本人の女性からレッスンを受けました。

 最初の感想は「何やってるのかさっぱり分からない?けど、カラダがむっちゃ軽い~。」でした。

 2度レッスンを受けて帰国したのですが、結局は何がなんだか分からずじまい(笑) 

 でも、しばらくはカラダが軽くなって自由に動けたのは事実だから、自分が探し求めていたものの答えがここにあるかもと、日本に帰ってからネットで見つけた目白のATAのレッスンに参加してみました。

 その2ヶ月後、教師養成コースに入学していました(笑)

 訓練中、最初はサポート校で先生をしていましたが、途中からこの学校の会社化に伴い、そこでアルバイト、そして社員となり、働きながら学んで2010年にアレクサンダー・テクニークの教師になることができました。

そして、2012年に独立して吉祥寺にスタジオを開設、現在に至っています。

現在は

このような経緯を経て現在は、アレクサンダー・テクニークの指導 そして、アレクサンダー・テクニークを応用した動き作りのレッスンを行っています。

前者はアレクサンダー・テクニークをしっかりと使えるようになってもらうレッスン。
後者はアレクサンダー・テクニークのエッセンスを応用して問題解決、競技力向上に生かして頂くレッスンです。

 スランプや使い方の問題で競技を途中で諦めたり、上達するヒントを得られずに諦めてしまうというような選手をサポートしていきたいと思いながら日々、レッスンを行っています。

動きづくりレッスンを行う時に考えていること

①頭・脊椎、手足がある脊椎動物としての基本的な動きができているかどうか?

もし、できていないとしたら何が邪魔をしているのだろう?
  悪い動きが習慣化している? 心理的な緊張? カラダに対する認識が間違っている?眼の使い方や認識方法のクセ?トラウマ? など

②種目ごとに求められている専門的な動作と①の動きの間に整合性は取れているか?
 
・①がうまくできていないので専門的な動作が上手くできない場合
    →①が上手く働くように練習します。

・専門的な動作のメカニズムが不明確なので上手く出来ない場合
    →コーチが何を求めているのか? いろいろ質問をして探して行きます。
    動画などでその競技のトップ選手の動きから求めているものを探します。

大抵の場合、これらの要素が複合的に重なり合っているので、それらをひも解いて、その人が持っている自然な動きを引き出して、専門的動作が向上するように動きを統合していきます。

こんなケースに役に立ちます

・効率的な動作の習得によるパフォーマンスの向上
・使い過ぎによって悪くなった動作を再調整する。
・長期間の反復動作によって生じた痛みの解消。
・あがり、緊張などの心理的な習慣の改善  など

スポーツ選手ではこんな人が学びました

・ジョン・マッケンロー(テニス選手)
・リンフォード・クリスティー(バルセロナオリンピック100m金メダリスト)
・デイリー・トンプソン(モスクワ、ロサンゼルスオリンピック陸上10種競技金メダリスト)

レッスンについて

<吉祥寺のスタジオでのレッスン>
個人レッスンはこちら→個人レッスン

グループレッスンはこちら→アレクサンダー・テクニーク教室FUN!

<出張レッスン>
パーソナル、グループ、チームへの出張レッスンはこちら→ 出張レッスン

注意事項

*各種目の専門的なスキルを養成するものではありません。既に獲得しているスキルの発揮がうまくできていない、またはなかなか上達しない、といった場合に役に立ちます。

*高いレベルでのパフォーマンスには筋力や持久力なども鍛える必要があります。これらのトレーニングにアレクサンダー・テクニークを応用することで、効率よく身体能力を向上させることができます。

*アレクサンダー・テクニークは医療行為ではありません。カラダの使い方を学ぶ教育(レッスン)になります。カラダの使い方が変わった結果として痛みや不調が軽減されることが起こります。

*受傷直後、疾病など治療が必要な場合はまずは医師の診察を受けてください。

*肩こり腰痛、頭痛などの痛みは疾病が要因で起こっている場合があります。レッスンで変化が起こらない場合は、医師の診断を受けてください。

<お問い合わせ>
takamuku@cozyalexander.com

おすすめ書籍

『ランニングを極める』アレクサンダー・テクニークで走りの感性をみがく

『ランニングを極める』
アレクサンダー・テクニークで走りの感性をみがく

マルコム・ボーク+アンドリュー・シールズ著
朝原宣治監修 小野ひとみ監訳 太田久美子訳
春秋社  

Be Sociable, Share!